新刊案内

新刊

ワインの香り

東原 和成, 佐々木 佳津子, 渡辺 直樹, 鹿取 みゆき, 大越 基裕

ソムリエじゃなくても、ワインの香りを表現できる!

ワインの香りは、レモンやリンゴ、カシスやスミレなど、いろいろな果物や花の香りで表現されます。でも香りを言葉で表現したことがないと、ワインを嗅いでも、いわゆる「ワイン」の香りしかしないもの。どうしたら、ワインから果物や花の香りが探せるの? そもそも、なぜブドウから造ったワインに、別の果物や花の香りがするの? そんな疑問がすっきり解ける、そして誰でもワインの香りが表現できることを目指したワインの「香り」の本です。 香りの不思議を楽しく読み進められるように、本文には香りにまつわるクイズを多数出題。そしてワインの香りを日本人の感性で表現できる、香りの共通言語「日本のワインアロマホイール」を掲載。さらにワインの重要な香り27種類が嗅げる「アロマカード」12枚の付録付きです。クイズを解いたり、アロマカードの香りを嗅いだり、アロマホイールでワインの香りを探したりと、本書で遊びながら、ワインの香りを一緒に楽しみませんか?



[本書のポイント]

★東京大学の嗅覚の科学者、フランス国家認定醸造士の資格を持つ醸造家、多数のメディアで活躍中のワインジャーナリストとワインテイスターによる特別な共著。

★5人の著者に加え、日本ワインの造り手55人の協力を得て作成した「日本のワインアロマホイール」付き。効率的に香りが探せるように「日本のワインアロマホイール付きテイスティングシート」を掲載。

★カードを組み合わせて嗅ぐと香りが変わる! ラズベリーやスミレなど、ワインに感じる重要な27種類の香りを体験できる特製アロマカード12枚付き(カードの内容:シトロネロール、リナロール、3MH、エチルヘキサノエイト、エチルシンナメイト、フラネオール、β-イオノン、β-ダマセノン、2-イソブチル-3-メトキシピラジン、オイゲノール、グアイアコール、オークラクトン)
・アロマカードの嗅ぎ方は
こちらからhttp://www.kohyusha.co.jp/nanairo/title/aromaofwine/02kagikata.html

★日本の主要9品種の香りの個性が分かる! 甲州、デラウェア、ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ、ピノ・ノワール、ボルドー系、ヤマブドウ系、ツヴァイゲルト、マスカット・ベーリーAのそれぞれのワインから主に感じられる10種類の香りを選んだ「フレーバー・プロファイル」を掲載。

詳しく見る

女子力UPのための最新入浴法

後藤康彰

お風呂でキレイになる


日本健康開発財団 温泉医科学研究所主席研究員である著者が、女子力をupするための最新入浴法を、やさしく紹介。
お肌のカサカサが気になる人が、"うるおい美人"になるための入浴法とは...? お風呂で"姿勢美人"や"体形美人"を目指すには...? おうちで簡単にできる目的別入浴法で、女子力をupしてみませんか?
自宅でできる週間入浴プログラムや、週末おうちで湯治のススメなど、内容も盛りだくさんです。

「まえがき」から
みなさんは、日本が信じられないほどの「お風呂・温泉大国」なのをご存じですか。世界的に見て入浴の主流はシャワーで、日常でゆったり湯船に浸かるのは、日本人だけといっても過言ではありません。
僕の仕事は、「加齢を制御する生活行動としての入浴」に関する医科学的な研究で、「お風呂・温泉を通じて人類の健康長寿に貢献しよう!」の実現をゴールとしています。
これまでに、「湯船に浸かること」が健康に役立つとして医科学的なエビデンスが明らかになってきています。本書は、こうした根拠をもとに「目的に応じた入浴」、特に「女子力を上げる入浴」について、ひも解く試みを行ったものです。
さて。断言しましょう。
「お風呂であなたの女子力は確実に上がります!」
僕が本書でみなさんにイチバンお伝えしたいのは、
「合言葉は『びゃーーーー』と『しゃしゃーー』」
詳しいタネ明かしは後にして、本書を読み進めていくとガッテンいただけると思います。
newyorkweb.jpg

詳しく見る

連珠入門(れんじゅにゅうもん)

三浦和, 小林高一

はじめてでも、すぐに楽しめる 連珠の入門書

連珠とは「五目並べ」を競技ルール化したゲームで、子どもから大人まで、年齢を問わず世界中で楽しまれています。本書はこの「連珠」の書き下ろしの入門書です。
「連珠」という言葉を初めて聞いた方でも、碁石を初めて触る方でも、すぐに楽しめるように、基本のルールから分かりやすく徹底解説。さらに強くなる10のテクニック、ステップアップ講座、実力養成問題を掲載し、問題を解きながら力を付けることができます。そして最終章では「級位認定問題」を出題。いまの実力をぜひ判定してみてください。

「まえがき」から

囲碁、将棋、麻雀、オセロなど、種々さまざまなゲームがありますが、「連珠(れんじゅ)」は一千年も昔から、その原形らしいものが、男女の社交技術のひとつとして流行していたようです。それは紫式部の『源氏物語』でも知ることができます。長い時間、滅ぶことなく伝承された芸であることこそ、全国の多くの方々が「五目並べ」の愛称で、余暇を楽しんでおられる理由と思います。(中略)
連珠については、従来の類書などにより、世間に理解されてはいますが、本書では初心の読者にも、楽しんでいただけることを目指して書いています。連珠のルールを理解し、楽しむと同時に、均衡の取れた連珠の感覚の養成、智力兼備の正確で気品のある棋力の養成などに、本書を大いに役立てていただければ幸甚です。(まえがきより)

ためし読み
こちらから。

詳しく見る

虹有社では、世界と旅、易占いや趣味の本など、暮らしとココロを豊かにするさまざまな本を発行しています。 

書籍のご購入方法

虹有社の本は、全国の書店にてお買い求めいただけます。また、当サイトからのご注文はFAXおよびメールで承ります。

  • 書籍名
  • 冊数
  • 住所、 氏名、電話番号

をお書き添えのうえ、
下記あてにご連絡ください。

株式会社 虹有社
書籍係宛 
fax.03-3944-0231
注文およびお問い合わせのメールはこちらへ。

尚、お支払いは郵便振替となります(書籍代+送料)。
商品に同送します振り込み用紙で、商品到着後2週間以内にお振り込みください。

そのほか、オンライン書店の各店でもご購入いただけます